自分の名前をネットで検索して自分の情報が記載されたページがヒットしたら

自分の名前をネットで検索して自分の情報が記載されたページがヒットしたら


本人の許可を得ずに名前などが公開されるケースは

芸能活動をしていたり、ニュースとして報じられるようなことは一切していないものの、自分の名前をインターネットで検索してみたら何件かヒットするという人は少なくないでしょう。もちろん、同姓同名の人間について掲載されているページがヒットしたというケースもありますが、ページにアクセスしてみると明らかに自分の情報が名前とともに載っているということもあるはずです。なぜ、こんなことが起きるのでしょうか。

まず考えられるのは、学生時代の活動が掲載されているというケースです。たとえば、運動部員として大会に出たり、あるいは優秀な成績を収めるとそれが連盟のサイトに掲載されることがあるのです。この場合は在籍していた学校名と自分の本名がリンクする形でわかってしまうので、プライバシー的に困るという人もいるかもしれません。その場合はサイトに記されている連絡先に、「自分の名前を削除してほしい」と送った方がいいでしょう。

SNSの閲覧権限に問題があるケースも

SNSのプロフィールページが検索に引っかかるということもあるかもしれません。SNSに記載した情報が公開されるのは珍しいことではないですが、不慣れな人の場合、誰でも見られるようになっているとは知らず、本名などを書いてしまったということがよくあります。

この場合はSNSにログインし、プロフィールの閲覧権限の設定を行いましょう。たとえば、SNS上での友人のみ、あるいは友人の友人のみアクセスできるといった設定に変更すれば、第三者が名前を検索してもSNSのプロフィールページが検索結果に表示されることはなくなります。

シュレッダーとは、企業などで扱われる個人情報を含む書類や機密文書の社外への漏洩を防ぐために、その書面を裁断する装置です。