Webフォントを使えば見出しをきれいに表示させられる

Webフォントを使えば見出しをきれいに表示させられる


サイト制作者が意図したフォントを確実に表示させる

近年、ウェブサイトの見出し部分などにWebフォントを利用する制作者が増えてきています。Webフォントとはなにかというと、サーバーに保存されている複数のフォントに対し、サイト制作者はHTMLとCSSを使って好きなフォントを指定し、サイトの特定の場所でそのフォントを使った文字列を表示するという仕組みになっています。

Webフォントが普及する前も、サイト制作者は特定のフォントで見出しを表示する指定は可能でした。ただ、その指定が有効になるのは、サイト閲覧者のパソコンに該当するフォントがインストールされていた場合のみで、インストールされていなかったら、指定していたフォントに近い種類のフォントが代わりに表示されるようになっていたのです。

使い方によってはサイトの表示が遅くなることも

Webフォントを使うことによって、閲覧者のパソコンがどのような状況であっても狙い通りのフォントでサイトを見せることができるようになり、フォント選びのセンスやデザインの重要性はかなり上がったといえるでしょう。

ただ、Webフォントは使う場合はいくつかの点に注意しなければなりません。まず、閲覧者のパソコンやスマホにフォントが取り込まれることになるので通信量が増えてしまいます。また、そういった通信が発生する分、高速回線を利用していないとサイトの表示が遅くなってしまうでしょう。

そのため、すべてのページ、すべての文章をWebフォントで表示させるのは避けて、見出しなどの印象に残りやすい重要な部分だけで使うことをおすすめします。

コーディングはIT用語です。システムを作る際に設計書をもとにして作ることです。最初から自分で考える必要がありません。